554円 iPhoneXSMaxアイフォンXSMaxアイホンXSMax iPhone XS Max フィルム AFP液晶保護フィルム2 指紋防止 キズ防止 防汚 気泡消失 ASDEC アスデック AHG-IPN17 スマートフォン・タブレット スマートフォン・携帯電話アクセサリー 液晶保護フィルム iPhoneXSMaxアイフォンXSMaxアイホンXSMax iPhone XS Max フィルム AFP液晶保護フィルム2 指紋防止 AHG-IPN17 キズ防止 アスデック ASDEC 防汚 気泡消失 激安特価品 フィルム,キズ防止,気泡消失,iPhone,アスデック,防汚,スマートフォン・タブレット , スマートフォン・携帯電話アクセサリー , 液晶保護フィルム,指紋防止,XS,554円,iPhoneXSMaxアイフォンXSMaxアイホンXSMax,ASDEC,Max,/granulomatous284171.html,AFP液晶保護フィルム2,www.sixsigmaversity.com,AHG-IPN17 iPhoneXSMaxアイフォンXSMaxアイホンXSMax iPhone XS Max フィルム AFP液晶保護フィルム2 指紋防止 AHG-IPN17 キズ防止 アスデック ASDEC 防汚 気泡消失 激安特価品 554円 iPhoneXSMaxアイフォンXSMaxアイホンXSMax iPhone XS Max フィルム AFP液晶保護フィルム2 指紋防止 キズ防止 防汚 気泡消失 ASDEC アスデック AHG-IPN17 スマートフォン・タブレット スマートフォン・携帯電話アクセサリー 液晶保護フィルム フィルム,キズ防止,気泡消失,iPhone,アスデック,防汚,スマートフォン・タブレット , スマートフォン・携帯電話アクセサリー , 液晶保護フィルム,指紋防止,XS,554円,iPhoneXSMaxアイフォンXSMaxアイホンXSMax,ASDEC,Max,/granulomatous284171.html,AFP液晶保護フィルム2,www.sixsigmaversity.com,AHG-IPN17

iPhoneXSMaxアイフォンXSMaxアイホンXSMax iPhone XS Max フィルム AFP液晶保護フィルム2 指紋防止 AHG-IPN17 キズ防止 高品質新品 アスデック ASDEC 防汚 気泡消失 激安特価品

iPhoneXSMaxアイフォンXSMaxアイホンXSMax iPhone XS Max フィルム AFP液晶保護フィルム2 指紋防止 キズ防止 防汚 気泡消失 ASDEC アスデック AHG-IPN17

554円

iPhoneXSMaxアイフォンXSMaxアイホンXSMax iPhone XS Max フィルム AFP液晶保護フィルム2 指紋防止 キズ防止 防汚 気泡消失 ASDEC アスデック AHG-IPN17








◆保護フィルムは水貼りでも貼り付けが出来ます



■AFP画面保護フィルム2(Anti-Finger Print)
特長※左右の幅は液晶画面をカバーするサイズです(ディスプレイの周囲が湾曲している為、フィルムサイズを小さくしています)。

光沢タイプの透明フィルムに耐指紋・防汚機能を付加しています。
はっ水はつ油性能により、指紋跡のみならず汗や皮脂または化粧品など様々なヨゴレが付きにくく、またふき取りやすくなっています。

●透過率93.7%と透明度が高い光沢フィルムです。
●指紋跡が付きにくくかつ目立ちにくくなっています。
●キズ付きに強いハードコート加工を施しており、スリキズに耐久性があります。(未処理のフィルムと比べ、4ランク上の表面硬度:3H)
●高い防汚性により、皮脂や化粧品などの様々なヨゴレに対して耐久性があります。
ヨゴレが付着した場合でもふき取りやすく、フィルムの表面をいつもキレイに保つことができます。
●小さな気泡は特殊粘着面に吸収され消失するので貼り付けやすく、また、万が一気泡が残った場合でも1日程度で消えて無くなります。
※大きめのホコリやチリがはさまってしまった場合は、気泡が消失しない場合がありますのでご注意ください。
●背面カメラレンズ用透明保護シールx2枚付(ハードコート加工済み)
セット
内容
・メインディスプレイ用フィルム 1シート
・背面カメラレンズ用シール 1シート
・マイクロファイバークリーニングクロス(日本製) 1枚
・ホコリ取りシート 1枚
・貼り付け方法説明書 1枚
対応
端末
Apple アップル iPhone XS Max
型番AHG-IPN17
JAN4997604112115
備考Made in Japan 日本製
注意
事項
※2,500円未満は代金引換不可
※本品の表面には「養生フィルム」は付いておりません。お貼り付け後、そのままご使用ください。
※1日程度で気泡が消失しない場合、指の腹で気泡を押しつぶす様に上下左右に優しく擦ると消失する場合があります。
大きめのホコリがはさまって気泡ができている場合は、セロハンテープなどでホコリを取り除いてください。
※メインディスプレイ用以外はAFP画面保護フィルム2ではありません。
※記載されている会社名、製品名、ロゴなどは米国Apple inc.の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※フィルムの形状等の仕様については、品質向上のため予告なく変更する事があります。
※フィルムのイラストはイメージです。
※比較画像は全て実写です。



検索キーワード: A1921 A2101 A2102 A2104 Apple iPhone XS Max Xs アイフォン アイホン テンエス マックス あいふぉん てんえす まっくす フィルム 保護フィルム 液晶保護フィルム 保護シール シール 保護シート シート カバー

iPhoneXSMaxアイフォンXSMaxアイホンXSMax iPhone XS Max フィルム AFP液晶保護フィルム2 指紋防止 キズ防止 防汚 気泡消失 ASDEC アスデック AHG-IPN17

出題と解答:船見 正範
エムシー関東株式会社 ぺパーミント薬局(栃木県宇都宮市)

1-d、  2-b、  3-c、  4-a

 固形内服薬をカプセル化する目的には、(1)苦味や刺激、不快な臭いなどで飲み込みにくい薬剤を服用しやすくする、(2)散剤や顆粒剤をまとめて服用しやすくする、(3)腸溶性コーティング顆粒や徐放性コーティング顆粒などを充填し薬剤の放出を制御する、(4)油状液剤を服用しやすくする(主に軟カプセル)──などが挙げられる1)

 一方、臨床現場では、医師の指示や家族の要望などにより、カプセルから薬剤を取り出す脱カプセルを行わざるを得ない場合がある。主な理由としては、副作用防止のための用量調節、経管栄養管理に伴うカプセル剤の服用困難などがある。ただし、脱カプセルの可否や、脱カプセルした場合の治療効果や副作用への影響は、前述のカプセル化の目的や製剤特性により大きく異なるため、注意を要する。

 Kさんには、サインバルタ(一般名デュロキセチン塩酸塩)の副作用である眠気を軽減するため、処方医から半量に減らしてもよいとの指示が出された。サインバルタは、カプセル自体に特別な加工は施されておらず、中の顆粒に腸溶性コーティングが施されている。そのためカプセルから顆粒を出して服用しても、大きな影響はないと考えられる。ただし、デュロキセチンは酸に不安定であるため、顆粒をかんだり、潰したりしてコーティングが剥がれてしまうと、胃酸により失活し、十分な薬効が期待できない可能性がある。

 腸溶性コーティング顆粒のカプセル剤にはほかに、タケプロン(ランソプラゾール)、ネキシウム(エソメプラゾールマグネシウム水和物)などがある。徐放性コーティング顆粒による放出制御を期待したカプセル剤としてはイフェクサー(ベンラファキシン塩酸塩)などがあり、これらはいずれもコーティングが剥がれないよう注意すれば、一般的に脱カプセルが可能と考えられる。

 また、強い苦味のあるリリカ(プレガバリン)のように、苦味や不快な臭いを防ぐ目的でカプセル化されている薬剤については、経管チューブを用いて投与する場合は脱カプセルをしても問題はなく、経口で半量を服用する場合なども市販の硬カプセルに移し替えることで対応可能と考えられる。

 なお、光や湿度の影響を避けるため、脱カプセルはできるだけ服薬の直前に行い、残った薬剤はジッパー付きビニール袋などに入れ、直射日光の当たらない場所で保管するよう指導する。薬局内で脱カプセルを行う場合も同様の注意が必要である。

 一方、プラザキサ(ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩)は内容物のみを服用すると血中濃度が上昇する恐れがあるため、脱カプセルを避けるようインタビューフォームで注意喚起されている。そのほか、ストラテラ(アトモキセチン塩酸塩)も、添付文書によれば眼球刺激性があり、脱カプセルは適切ではないとしている。

 いずれのカプセル剤においても、製造販売承認時のデータはカプセル剤の服用が前提であり、脱カプセル時の有効性や安全性が担保されているわけではない。医師の指示がない限り、脱カプセルは安易に行わないよう、患者に十分指導する必要があるだろう。

こんな服薬指導を

Illustration: 山本(Shige)重也

 サインバルタは、中の顆粒状のお薬を飲みやすくするために、カプセル状になっています。顆粒を直に飲んでも効果に影響はないと思われますが、顆粒をかむなどして表面のコーティングを傷付けてしまわないように、ご注意ください。

 顆粒は湿気に弱いので、カプセルは飲む直前に開けてください。残ったお薬はジッパー付きビニール袋などに入れて直射日光の当たらない場所で保管し、早めにお飲みください。

 ちなみに、全てのカプセル剤でこうした飲み方ができるわけではありません。先生の指示があったお薬以外は開けないでくださいね。

参考文献
1)日本薬学会「薬学用語解説」(http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?カプセル剤)

  • 1

この記事を読んでいる人におすすめ